「F1の荒法師」 ナイジェル・マンセル (その1)

伝説の名ドライバー列伝、今回は、ナイジェル・マンセルです。個人的には、歯に衣着せぬ語り口や走りも含めたキャラクターが今のF1では見ることのできない個性であり、非常に好きなタイプのドライバーです。最近では、2人の息子がともにレーシングドライバーとして活躍しています。それでは、今回から何回かに分けて掲載していきたいと思います。

◇    ◇    ◇    ◇    ◇


【「F1の荒法師」 ナイジェル・マンセル(Nigel Mansell)】

あらゆる意味で、ドラマチックな運命を背負った、F1史に比類のないドライバー。そのナイスガイ、ナイジェル・マンセルのチャンプへの道程。

画像
photo:Marlboro International



「窓拭きバイトで資金調達」

ナイジェル・アーネスト・ジェームズ・マンセル(Nigel Arnーest James Mansell)は、1954年8月8日、イギリスのアプトン・オン・セバーンに生まれた。

父親は大のカート好きで、ナイジェルもその影響を強く受けて育った。14歳で、カートのジュニア選手権に、そして1976年にはフォーミュラ・フォード1600に駒を進めた。この辺は、アイルトン・セナの進みかたと実に良く似ている。

それはともかく、マンセルは、この年、ホークDL2マシンでいくつかの勝利を納め、翌77年には50レースに出場し、うち20回も優勝しているのだ。

「不屈の男」マンセルの、逸話の始まりとして、こんなのがある。

イギリスは、ブランハッチのレースでクラッシュ・骨折し、ドクターから全治6ヶ月の宣告を受けたにもかかわらず、数週間後のレースに首にギブスをはめて、平然と出場してきたのである。

1978年、彼はフォーミュラ3に進む資金を作るため、売れる物はすべて売り払い、さらに窓拭きなどのアルバイトをして、マーチ783でこれに挑戦。

シルバーストーンのレースでは、なんとネルソン・ピケやデレック・ワーウィツク等をうち破って2位入賞を果たしている。

1979年、ユニパートF3チームから参戦、第2戦のスラクストンで2位、第3戦のシルバーストーンではアンドレア・デ・チェザリスを破って勝利を挙げているのだ。

『続く』


◇    ◇    ◇    ◇    ◇


モーターレーシング歴史館より

全開 マンセル自伝
F1レジェンド ドライバーズアイズ ’89-’90
F1レジェンド ドライバーズアイズ ’91-’92




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック