崇高の騎士 アイルトン・セナ (その2)

日本のファンに初お目見え/1987年

1986年はロータスがルノーを選んだように、マクラーレンはポルシェの、そしてウイリアムズはホンダの、それぞれV6ターボ・エンジンを選んでいた。まさにターボ戦争一幕めの年でもあった。こんな中にあってセナは、ルノーの非力さと信頼性に思い悩んでいた。反面、彼はシーズン中盤、ウイリアムズ搭載のホンダ・エンジンの威力に惚れ込んでいた。そこでチーム・ロータスの首脳陣にこれをアピール。結果、翌87年のロータスへのホンダ・エンジン供給を実現させたのである。ホンダ・パワーとのコンビネーションは、また日本のエース・ドライバー、中嶋悟とのコンビネ-ションをも意味していた。

87年仕様のロータス99Tホンダには、実は最新兵器が装備されていたのである。「アクティブ・サスペンション」がそれである。82年から開発が進められてきた技術が花開こうとしていた。アクティブ・サスに関しては別途解説する予定だが、簡単にいえばコンピューター制御の画期的なサスペンション・システム。だが、革新技術の熟成には時間が必要だった。セナはそれでもモナコ、東アメリカの2勝を挙げ、トータル57点で選手権3位、中嶋は7点で11位に着けた。

1987年はまた、日本がシリーズ戦の1戦に組み込まれ、鈴鹿サーキットがその舞台(セナ2位/優勝ゲルハルト・ベルガー=フェラーリ)となった年でもあった。以後今日までこの図式がつづいているのは諸兄ご存じのとおりである。ここでセナとホンダ、日本のセナ・ファンとの絆が強くなったのである。

翌1988年、ターボ・エンジン最後の年。セナはホンダ・エンジンと共にマクラーレンに移籍していた。同僚はその後好ライバルとなるアラン・プロストであった。

MP4/4のしっかりしたシャシー/ボディ、パワフル(スーパー・ハイパワー)で信頼性高いエンジン、そしてこれを操る登り坂のドライバー。このトリオは全16戦のうち、イタリア(優勝フェラーリ/ベルガー)を落としたのみの、今でも語り草となっている15戦優勝の完璧な勝利であった。うちセナ8勝(有効得点90)、プロスト7勝(同87)で、セナは初のチャンピオンの座に着いたのだ。

ちなみに、同じくハイパワーのホンダ・エンジンを搭載したロータス・チームは、シャシー性能が著しく劣り、数回入賞するのがやっとであった。

                                 
セナ・プロ対決ラウンド1.

では、1988年のこの年から宿敵となったプロストとセナの1年の成績を見てみよう。

第1戦/ブラジル  1位:プロスト セナ:失格  ポールポジション=セナ
第2戦/サンマリノ 1位:セナ プロスト:2位        =セナ
第3戦/モナコ   1位:プロスト セナ:リタイア      =セナ

画像

photo:Marlboro McLaren International(1989)    
 
画像

Pioneer LDC 「F-1 GRAND PRIX 1991」より
                       McLaren 「typeMP4/5B HONDA」 

第4戦/ メキシコ 1位:プロスト セナ:2位     ポールポジション=セナ
第5戦/カナダ 1位:セナ プロスト:2位     =セナ
第6戦/東アメリカ 1位:セナ プロスト:2位  =セナ
第7戦/フランス 1位:プロスト セナ:2位  =プロスト
第8戦/イギリス 1位:セナ プロスト:ー  =ベルガー
第9戦/ドイツ/1位:セナ プロスト:2位   =セナ
第10戦/ハンガリー 1位:セナ プロスト:2位  =セナ
第11戦/ベルギー 1位:セナ プロスト:2位   =セナ
第12戦/イタリー 1位:ベルガー セナ&プロスト:共にリタイア  =セナ
第13戦/ポルトガル 1位:プロスト セナ:6位  =プロスト
第14戦/スペイン 1位:プロスト セナ:4位  =セナ
第15戦/日本 1位:セナ プロスト:2位  =セナ
第16戦/オーストラリア 1位:プロスト セナ:2位 =セナ

「破竹の勢い」ーこの形容詞どおり、この年のグランプリ・シリーズは、まさにマクラーレン・シャシー+ホンダ・エンジン、そしてふたりのスーパードライバーのためにあったようなものだった。そして、プロストとセナ、いやセナとプロストは、いかにも「ジョイント・ナンバーワン」の名にふさわしい戦いぶりをシーズン中、ファンに惜しみなく見せてくれ、全世界にF1ファンを確実に増やしたのだ。

画像

アラン・プロストとアイルトン・セナ+マクラーレン・チームのメンバー(1988年)。
写真:Shell TMO

『続く』

モーターレーシング歴史館より


この記事へのコメント

2007年05月01日 18:19
セナは私にとって神でした
2007年05月02日 00:42
長田ドームさん、初めまして。
私にとって、セナの存在はある意味、F1そのものです。その走りの輝きは、未だ脳裏に焼き付いて離れる事はないと思います。
ECHO
2007年05月02日 00:56
TBありがとうございました。
いつ見てもどこ見てもマクラーレンが勝つ、SENNAのポカもありましたが、この時代は本当にシアワセでした~。アランさんともまだ仲良しだったし・・・。この後、周りに何を言われても、勝利にただただ向かっていくことしか出来ないSENNAが好きだったんですよねぇ。
2007年05月02日 01:53
ECHOさん、TB&コメントありがとうございます。
本当にこの時代のマクラーレン・ホンダは強かったですよね。セナ・プロ対決も大いに盛り上がりましたし、何より勝利に対してひたむきなセナを見ることができました。
そんなF1を見れたこの時代は本当に幸せだったように思います。
2018年02月16日 15:09
Thanks for finally talking about >__Rm@AC_g_Zi@i__Qj
ー^[_[V_O_/EFu_u_O

この記事へのトラックバック